キュアハッピーの研究所

キラキラ輝く運負けツイート

s4

f:id:maguron_poke:20170717191612j:image

 

あんまりだああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!

 

 

 ・シングル

写真撮らなかったけど最高1901だったと思う。

終盤手前くらいに乗って潜ったら溶けて萎え。

多分17くらいまで落ちてる。

使ってたのは普通のマンダ軸の積み。

弱かった。

萎えた。

嫌い。

 

 

・ダブル

f:id:maguron_poke:20170717191639j:image

最高1942。

ダメだった。

結局溶けて18で精神崩壊してやめた。

2000、乗りたかったなぁ。

 

 

・総括

メンタルをどうにか強くしようと我慢貯めた結果ストレスになって最後の最後で裏目に出た。

あとどんどん流れてくる2000報告への嫉妬もやばかった。

まじでメンタル強化しないと周りにも迷惑掛けちゃうからなんとかしたい。

 

 

 

 

http://maguron-poke.hatenablog.com/entry/2017/07/13/204502

俺のことなんてどうでもいいからプリパラを見てくれ。

 

【衝撃】芹ポケは斧ポケだった!?【ポケモン都市伝説】

Twitterで有名(笑)な 芹ポケ さんは、よく名前を 斧ポケ と間違えられることがあるらしい。

 

では間違われた時に芹ポケは何を言うかと言うと、

 

斧じゃねぇ!俺は芹だ!

 

と否定するのだ。

 

 

 

さて本題だが、まずはこの画像を見てほしい。

f:id:maguron_poke:20170715205946j:image

 

「ふ」は「芹」 だったのである。

ここで問題が一つ。

 

「斧」は”ふ”と読むことが出来る

 

ということは。

 

 

 

芹ポケは本当は斧ポケであり、斧ポケは漢字弱者だった という説が大変有力になった。

 

しかしまだ根拠は足りない。

この説が一般的になるには時間が掛かるかもしれないが、引き続き調査していこうと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:maguron_poke:20170715210313j:image

おもんなしね

「プリパラ」というアニメ

f:id:maguron_poke:20170713183236j:image

 

皆さんはこの作品を見せられて、こう思うことだろう。

 

「女児アニメwwwwww」

「その歳で子供向けwwwww」

「オタクwwwwwwwwww」

「キャラ可愛いぶひぃいい!!!」

 

 

確かにこのアニメは女児アニメだが、

 

次元を超越して視聴中に脱糞してしまう程に面白い(語彙力崩壊)

 

正直これまでにまできたアニメの中でもトップクラスに面白いと感じた作品かもしれない。

これからこの作品の魅力についてネタバレしない程度に語っていく。

 

 

【あらすじ(公式様から引用)】

女の子が年頃に達するころにどこからともなく届くプリチケ。
これを使うと、アイドルが集って競い合う仮想テーマパーク「プリパラ」に行く事ができる。
真中らぁらの学校では、小学部のプリパラは禁止されており(※校則ではなく小学部の校長の独断。また中学部以降は問題なく認められているし、そもそも管轄外)、プリチケは校長の掃除機によって没収されてしまうところ。
らぁらは道に落ちていたみれぃという少女のプリチケを拾い、プリパラの入口であるPrism Stoneに届ける。
そこでらぁらにもプリチケが現れ、めが姉ぇの口車に乗りプリパラへ。
そこでみれぃを見つけ、らぁらはプリパラデビューを果たす事になったのだった。

 

見所①

強い個性のぶつかり合いとその掌握

この作品の登場人物は、どれも濃いキャラばかりである。

それぞれが違うベクトルに強い個性を発揮しており、またそれらが腐り没個性になることがない、つまり物語そのものが彼女らの個性を完全に掌握している。

掌握されているということは、作品に空気キャラが存在しないということでもある。

 

各キャラが最大限個性を発揮できると共に、明確な役割を与えられているのでどのキャラにも好感を持つ事が出来るのだ。

 

 

見所②

独特なギャグが飛び交う日常

プリパラは前述の通り個性的なキャラクターばかりでコミュニティが形成されているが、制作はそれらを活かしきったギャグを提供してくれる。

これがまたプリパラの魅力の一つで、メインターゲットの都合上必然的にシリアス回よりも日常回が多くなる女児アニメにおいて、日常回でも充分に楽しめる工夫が施されているのだと思われる。

 

 

見所③

凝られたライブシーンと白熱のライブバトル 

プリパラはアイドルアニメなので、毎話ライブシーンがある。

ライブシーンでの流れは基本的に次の通りだ。

  1. コーデチェンジ
  2. イントロ〜サビ
  3. メイキングドラマ(間奏〜Cメロ)
  4. サイリウムチェンジ(上に同じく)
  5. ラスサビ〜アウトロ

3つ程専門用語があるので軽く解説する。

 

コーデチェンジ……その名の通り着替えである。ただしプリパラではプリチケというチケットを用いたコーデチェンジが行われる。

メイキングドラマ……そのライブにおいてアイドルが「伝えたい事」を表現するシーン。プリパラにおけるライブでの一番の見せ所とも言える。

サイリウムチェンジ……簡単に言うとアイドルのコーデが光る。これによりラスサビの迫力が増す。

 

※実際に見れば分かるのでここで覚えなくても大丈夫です

 

f:id:maguron_poke:20170713192821j:image

作画はCGで、非常に綺麗な出来になってる。

膨大な話数から使い回しが懸念されると思うが、前述したコーデとメイキングドラマが変わることにより少なくとも筆者はマンネリ化することは無かった。

 

また、本作は複数のチームがライブを行うことでライブバトルが成立する。

形式は順番にライブを行い視聴者から「いいね」と呼称されるポイントを投票してもらい、勝敗を決めるというものだ。

なんと言ってもこれが熱い

チーム内での友情、勝つための努力、それらが勝利に繋がるという非常にシンプルなバトルだが、Simple is Best。バトルとはそういうシンプルな熱さがあれば充分に楽しめるものだ。

2期は特殊な形式が行われるので、主に1期と3期で行われる。

 

 

見所④

み〜んなトモダチ!み〜んなアイドル!

これは本作の根幹となるテーマ。

やはり140話という膨大な尺を無駄なく使った、圧倒的な面白さを誇るメインシナリオこそがプリパラ最大の魅力だ。

子供向けのアニメが面白い理由は、「テーマ性」の強さ。

つまり視聴者に伝えたい事柄が明確であるということにあると思う。

プリパラは上記の通りテーマがしっかりと定まっており、これは最終シーズンである3期の終盤まで貫かれる。

先程も述べたが、プリパラにおけるバトルは友情・努力・勝利の三原則で成り立っている。

が、プリパラの本当の面白さはその先で、勝利後の展開である。

例えば、1期の終盤では主人公達が初めてライバルに勝利するが、ライバルはとある事情から倒れてしまう。

主人公達は ”勝者” として、そして ”友達” として、ライバルを復活させるため、奇跡を起こすと言われる伝説のコーデを着てライブをすることになる。

ここで重要なのは プリパラにおける「奇跡」が、単なる都合の良い「救済」ではないという事だ。

友達のために必死に努力して努力して努力して、それでも尚、奇跡は安易に訪れることはない。

そんな時に何がトリガーとなるのか。

それこそがテーマである”み〜んなトモダチ!み〜んなアイドル!”だ。

ライブは歌って踊るアイドルだけが作るものではなく、会場にいる観客と共に作り上げるものなのだ。

友達が友達を思う力、絆の輪が主人公達の努力と合わさることで初めて、そこで初めて”奇跡”は起こる。

それこそがプリパラという作品が視聴者に「伝えたい事柄」であり、「プリパラ」なのだ。

楽しく、熱く、そして感慨深い、そんなプリパラを私は推したい。

 

 

最後に

ネタバレ無しでこの作品の魅力を伝える。

 

これははっきりいって無理。

 

でも本当に素晴らしい作品なので是非見てほしい。

 

ほな、また……

 

 

 

らぁら可愛いよらぁら

f:id:maguron_poke:20170713203744j:image

f:id:maguron_poke:20170713203814j:image

f:id:maguron_poke:20170713203926j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気付いた方もいるかもしれませんがこの記事は某過激派特撮オタクの記事のオマージュです。

でもプリパラへの想いは本物なので見逃してください……何でもしますから!(なんでもするとは言ってない)

個人的に好きなアニメ

順番関係ないです。

 

 

f:id:maguron_poke:20170623132112j:image

灼眼のシャナ

王道。

根本的には、主人公がヒロインの力になろうと努力するような形。

アニメ版は1期で完結しているのでそれ以降が気になる方は原作1巻から。

 

f:id:maguron_poke:20170624190446j:image

魔法少女まどか☆マギカ

先に言っておくと「面白い」話ではない。

が、奥行の深い世界観と、そこで起こる魔法少女達の”それぞれ”の戦いには考えさせられるものがある。

映画?新編?んなもんねーよ

 

f:id:maguron_poke:20170624190633j:image

Fate/stay night [unlimited blade works]

3つの√でも最も熱い戦いが繰り広げられる。

衛宮士郎が「正義の味方になる」という夢の意義、行く末、様々な否定を見せつけられ、それでも尚自分を曲げない姿がかっこい。

heaven'sfeelの次に好き

 

f:id:maguron_poke:20170624190814j:image

④プリパラ

http://maguron-poke.hatenablog.com/entry/2017/07/13/204502

個別記事あります。

 

f:id:maguron_poke:20170624190846j:image

Re:ゼロから始める異世界生活

一見ひねくれ者に見えるスバルだが根は腐っておらず、何度もヒロインのためた立ち上がる姿はヒーローそのもの。

若干鬱だが乗り越えた先の結末が非常に良き。

 

f:id:maguron_poke:20170624191305j:image

デュラララ!!

1つの事件を様々な角度の視点から見て、結論へと導いていくという作風。

キャラが基本的にどれもぶっ飛んでいるので見ていて楽しい。

1クール目終盤の伏線回収劇は何度見てもすっごい(小並感)

 

 f:id:maguron_poke:20170624191407j:image

Kanon

「キセキ」を題材としたラブストーリー。

(名雪を除く)各々が複雑な事情を持っており、主人公はそれらを解決していく。

どのキャラクターもリアルの人間らしい感情を持っていて、困難にぶつかった時も、それを乗り越えた時も、とにかく感情移入してしまう。そして泣ける。

2006年版を見てください。

 

f:id:maguron_poke:20170624191626j:image

 ⑧RozenMaiden

「戦いとは何か」というものを問うてくる。

例えばそれは戦場、例えばそれは現実の日々。

キャラそれぞれが考える「戦い」とその在り方、主人公の変化、見所は様々。

1期見て気に入ったら原作読んで欲しいです。

 

f:id:maguron_poke:20170624191713j:image

エルフェンリート

ちゃんと最初に注意喚起します。

”グロい”です。内臓出ます。作画が古いのでリアリティは無いですが。

エルフェンリートはなんとかCと違って「命の尊さ」を伝えるためのグロ。

様々な事情から人を殺して殺して殺しまくった少女が、主人公に赦され、救われるまでの話。

いじめ問題等も含むいろいろな社会問題が題材になっており、全体的には鬱。が、メッセージ性が非常に強いので考えさせられるものが多かった。

 

f:id:maguron_poke:20170624191841j:image

AIR

泣く。

 

 

f:id:maguron_poke:20170624191916j:image

CLANNAD

 

 

 f:id:maguron_poke:20170624192131j:image

咲-saki-

 

f:id:maguron_poke:20170624192407g:image

ドキドキ!プリキュア

 

f:id:maguron_poke:20170624192447g:image

スイートプリキュア♪

 

f:id:maguron_poke:20170624193024j:image

THE IDOLM@STER

 

f:id:maguron_poke:20170711224955j:image

鋼の錬金術師

 

 

 

説明はだるいので書きません

おしまい

まぐろ雨(最高185X)

皆さんどうも、初めての人は初めまして、前回見てくれた人はお久しぶりです。今回は、懐かしいものを書こうと思いました。

 

 

ORAS-S16、最高レート185X

ニョロトノ

ルンパッパ

リザードンY

クチート

サンダー

ランドロス

 

個別解説します

ニョロトノ@オボン

図太い

31-0-31-31-31-31

252-0-252-0-4-0

ねっとう

こごえるかぜ

守る

ほろびのうた

 

 

ルンパッパ@チョッキ

控えめ

31-0-31-31-31-31

0-0-0-252-4-252

ねこだまし

ねっとう

エナジーボール

れいとうビーム

 

 

リザードン@リザードナイトY

臆病

31-0-31-31-31-31

0-0-0-252-4-252

かえんほうしゃ

ねっぷう

ソーラービーム

まもる

 

 

クチート@クチートナイト

意地っ張り

31-31-31-0-31-31

52-252-0-0-0-204

まもる

ふいうち

アイアンヘッド

いわなだれ

 

 

ランドロス@いのちのたま

陽気

31-31-31-0-31-31

4-252-0-0-0-252

じしん

まもる

ばかぢから

いわなだれ

 

 

サンダー@タラプ

控えめ

31-0-31-31-31-31

244-0-12-52-84-116

10まんボルト

ほえる

はねやすめ

おいかぜ

 

 

 

 

昔の自分を見返すと爆笑しますね

元ネタ

http://swagger3510r.hatenablog.com/entry/2017/06/06/161224

【シングル】S3使用構築【最終1793】

f:id:maguron_poke:20170518231119p:image

こんばんは!

s3は目標だった1800には届きませんでしたがチャレンジまでは行けたので構築を紹介したいと思います!

 

f:id:maguron_poke:20170518231201p:image

トヨシマ@トヨシマナイト

HA252D4

挑発 ふらふらダンス 威張る マッハパンチ

 

構築の要。

このポケモンを使いたくてこの構築を組んだ。

f:id:maguron_poke:20170518231414p:image

ふらふらダンスは非常に強力だった。

 

 

f:id:maguron_poke:20170518231446j:image

トヨシーマ@食べ残し

HD352B4万

心の目 絶対零度 守る 身代わり

 

崩しのコマ。

受けに来るポケモンを心眼零度で倒すことで裏のエースの一貫を作る。

 

 

f:id:maguron_poke:20170518231615p:image

ヨッシー@こだわりスカーフ

AS852H4億

飛び膝 ダスシュ フレドラ 水鉄砲 

 

言うまでもなく最強の抜きエース。

やはりスカーフトヨッシーは圧倒的な火力とSを持ち合わせているので最強だと感じた。

 

 

f:id:maguron_poke:20170518231858j:image

トヨシマンコ@ゴツゴツメット

HB1919D810

しおふき どくどく 自己再生 つのドリル

 

最強の物理受け。

つのドリルの試行回数を稼ぐことで相手を突破可能。

 

 

f:id:maguron_poke:20170518232109p:image

トヨトヨ@オナホール

性欲252兆

からをやぶる つのでつく 

 

このオナホ俺も持ってる

 

 

f:id:maguron_poke:20170518232234j:image

トヨシマカンキチ@公務員免許

不正100%

じわれ れいど つのドリ ギロチン

 

もう分からない

 

 

【総括】

S3は不甲斐ない結果となってしまいましたがS4は頑張ろうと思います!