サーモンが美味すぎる

ありがとういくら

【PJCS2019使用構築】夜空の剣-ルナレック 〜神速の風〜

 

PJCS2019お疲れ様でした!

今年は腑甲斐無い成績に終わってしまいましたが、来年こそは世界に羽ばたけるよう精進する所存です。

また、その前に行われるWCS2019に向け、少しでも環境に貢献出来たらと思い、今回使用した構築を公開することにしました。

 

f:id:maguron_poke:20190609220843j:image

今回私はルナアーラ+レックウザという少し風変わりな構築を使用していました。ルナアーラ+レックウザはなまこ(@namak_po)がオンライン予選以前から煮詰めていた組み合わせで、今回の並びはその最新型でした。

 

 

【個体詳細】

 

 f:id:maguron_poke:20190610161239g:plain

ルナアーラ@弱点保険
217(36)-x-116(52)-178(164)-128(4)-163(252)
シャドーレイ/サイコショック/めいそう/おいかぜ

 

f:id:maguron_poke:20190610161324g:plainf:id:maguron_poke:20190610162345g:plain

レックウザ@ピンチベリー
メガ前:184(28)-198(76)-111(4)-x-129(148)-147(252)
メガ後:184(28)-231(76)-121(4)-x-139(148)-167(252)
ガリョウテンセイ/しんそく/つるぎのまい/みがわり

 

f:id:maguron_poke:20190610161353g:plain

ガオガエン@ピンチベリー
200(236)-135-115(36)-x-154(236)-80
バークアウト/とんぼがえり/ねこだまし/おにび

 

f:id:maguron_poke:20190610161408g:plain

カプ・レヒレ@ピンチベリー
176(244)-x-159(188)-115-176(76)-86[12]
こごえるかぜ/しぜんのいかり/しおみず/ひかりのかべ

 

f:id:maguron_poke:20190610161428g:plain

ボルトロス(霊獣)@電話Z
171(132)-112-91(4)-180(116)-101(4)-168(252)
10まんボルト/エレキネット/まもる/はたきおとす

 

f:id:maguron_poke:20190610161445g:plain

ツンデツンデ@イワZ
167(244)-201(252)-231-x-123(12)-16[0]
ジャイロボール/ストーンエッジ/まもる/トリックルーム

 

 

【構築概要】

f:id:maguron_poke:20190610164957p:imagef:id:maguron_poke:20190610165014p:imagef:id:maguron_poke:20190610165019p:imagef:id:maguron_poke:20190610165017p:imageでサポートしながらf:id:maguron_poke:20190610165056p:imagef:id:maguron_poke:20190610165103p:imageを通せる盤面を目指すというシンプルなもの。

そのためf:id:maguron_poke:20190610164957p:imageには相手の打点への妨害のためにバークアウト及び鬼火、f:id:maguron_poke:20190610165014p:imageには水技で処理しておきたい相手を周りの攻撃や自然の怒りと合わせてしっかりと倒すための塩水を採用するなどしています。

f:id:maguron_poke:20190610165019p:imageは主にf:id:maguron_poke:20190610170533p:image入の構築やf:id:maguron_poke:20190610170545p:imagef:id:maguron_poke:20190610170548p:image構築に対して選出していきます。f:id:maguron_poke:20190610172425p:imageとの差別点である叩き落とすは、これらの系統の構築に入りやすいf:id:maguron_poke:20190610170626p:imageの突撃チョッキを落としておきシャドーレイで落とすプランや、f:id:maguron_poke:20190610165017p:imageでケアが効かないと踏んだ構築のf:id:maguron_poke:20190610170727p:imageを妨害するのに使いました。

f:id:maguron_poke:20190610165056p:imagef:id:maguron_poke:20190610165103p:imageは上記のサポートによって禁止伝説の圧力を抑えた盤面や、相手のf:id:maguron_poke:20190610164957p:imagef:id:maguron_poke:20190610165014p:imageを筆頭としたサポートポケモンを起点に瞑想/剣舞・追い風/身代わりを通して戦います。

ジオコントロールだけで盤面をひっくり返せる可能性のあるf:id:maguron_poke:20190610170727p:imageに比べると、決定的な盤面を作り上げる難易度は高いものの、f:id:maguron_poke:20190610170727p:imageは本戦の環境では上級者のメタに対応するのが困難だと考えていたため、逆にメタの対象となり難い型の禁止伝説を使用したのは成功だったと考えています。

 

【持ち物について】

Z技をf:id:maguron_poke:20190610165056p:imageではなくf:id:maguron_poke:20190610165019p:imagef:id:maguron_poke:20190610165017p:imageに託しています。

これはf:id:maguron_poke:20190610165056p:imageがバークアウトを瞑想と弱点保険で受けることにより実質f:id:maguron_poke:20190610164957p:imageを起点に出来るためです。

f:id:maguron_poke:20190610165019p:imageは上述の通りf:id:maguron_poke:20190610170533p:imagef:id:maguron_poke:20190610170545p:imageを仮想敵とするため、f:id:maguron_poke:20190610165017p:imageは単純な決定打の確保とf:id:maguron_poke:20190610164957p:imageを迅速に処理しておくためにZを採用しています。

 

 

 

結果は晴れませんでしたが、構築自体のポテンシャルは非常に高かったと思います。結局の所自身の練習不足が祟った結果でした。構築を提供してくれたなまことは、来年必ず一緒に世界行きたいです。

練習に付き合ってくれた方、応援に駆け付けてくれた方、本戦で対戦してくださった方に感謝の意を述べ、閉じたいと思います。

本当にありがとうございました。

 

痛い構築名は世界大会出場が決定したトキ(@tokivolpe)と提供者のなまこが付けました。sao見すぎのため。